e-chance【イーチャンス】|採用のコツ

お店(企業)は数多い応募者の中からより良い人材を採用するためには、
応募者をしっかりと見極める事が必要になります。
応募、面接、採用と非常に限られた機会と情報の中で判断しなければなりません。

応募時の電話での応対

応募時の電話での応対、メール応募の内容等で担当者に好印象を与えていれば、
面接を行う前から採用へ1歩前進していると言ってもよいでしょうし、
逆に不快感を与えてしまった場合は厳しい結果になる事が予想されます。
そのため、応募者は応募する段階から合否の判断をされている事を強く意識する必要があります。

履歴書(職務経歴書)等の応募書類の準備は大丈夫ですか?

履歴書(職務経歴書)等の応募書類も判断材料の一つになります。

履歴書はお店(企業)とのファーストコンタクトになる書類。自分の基本データを提供する役割を担っていますので細部まで気配りをし、正確な記述を心がけ採用担当者に真剣さ、誠実さを伝える事が大切です。
採用担当者は採用決定をする直前まで候補者の履歴書を並べ何度も比較検討するものです。
自分がその場に居なくても履歴書は「自分の顔」であり人柄・人格を表している事を忘れないようにしましょう。

採用される為に

アルバイト・パートの面接で採用されるためには、良い印象をもってもらう事が大変重要になります。
特に第一印象は非常に大きなポイントになりますので、身だしなみ(服装、髪型、メイク等)と最初の挨拶には十分注意しましょう。
服装は不快感を与えないもの。飲食店の様なお店ならスーツを着用しなくても構いませんが、派手な色彩や肌の露出が多い服装は控えましょう。
髪型もボサボサ頭、髪色等にも注意し清潔感のあるように。
挨拶は全ての会話の始まりです。相手にしっかりと聞こえるようにはっきりとした口調で挨拶をしてください。会話になったら相手の話をよく聞き、落ち着いた口調、丁寧な言葉遣いを意識して話しましょう。

☆採用担当者が重要視する事(アルバイト・パート)

○コミュニケーション能力

○やる気を感じられる

○明るい対応でハキハキとしている

○服装、身だしなみに清潔感を感じられる

○勤務時間、日数等のシフト

○質問に対して適切、的確な受け答えが出きる

アルバイト・パート採用担当者は経験、スキル、学歴、年齢よりも「人柄」を重視している傾向が強い事がわかります。
中でも「やる気を感じられる」は感情の部分になりますので、目で見て判断が出来ない分
しっかりと考える必要があります。
ただ「一生懸命頑張ります」や「やる気だけは誰にも負けません」だけではなかなか伝わりませんので、しっかりと自分の言葉で言い表せる事が重要になります。